忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/06/28 (Wed) 10:47
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/07/11 (Mon) 15:55

2010
監督:マシュー・ヴォーン
出演者:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロング
原題:KICK-ASS
上映時間:117分
製作国:アメリカ合衆国、イギリス

同名人気コミックを「スターダスト」のマシュー・ボーン監督が映画化したアクション・コメディ。ニューヨークに住む少年デイブは「誰もがスーパーヒーローを好きなのに、なぜ、誰もスーパーヒーローになりたがらない?」と思い立ち、何の特殊能力も持たないまま、ひとりコスチュームを着てスーパーヒーロー「Kick-Ass(キック・アス)」になる。だが、正義の味方として悪者を退治するのは骨の折れる仕事で、かなり痛い。やがて、傷だらけになりながらもキック・アスとしての活動を続けるデイブの前に、同じ稼業のビッグ・ダディとヒット・ガールが現れる。





「ウォンテッド」同様、期待通りの過激な作品に仕上がっていました。
細かい違いや、大まかな違いもあり、それを原作コミックと比べるのも面白いです。
どちらにも長所があり、甲乙つけ難いですね。
何の特技もないデイブがヒーローになろうと、震えながらも悪に立ち向かう姿も感動的ではありますが、ヒット・ガールのかわいいのにかっこいい姿がもう最高でした。
アクションのキレも素晴らしく、かなりストレスが解消されます。
原作コミックが今「2」に入っているのでどうかなと思っていたのですが、やはり映画の「2」も製作されるようです。すごく楽しみです。

























内容★★★★★




拍手[0回]

PR
2010/11/08 (Mon) 12:01

2004
監督:ティム・ハンター
出演者:レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス、スティーヴン・レイ
原題:Control
上映時間:105分
製作国:アメリカ合衆国

 死刑を宣告された凶悪犯と、その凶悪犯をある薬の実験台として利用する医学博士が心理的駆け引きを繰り広げるサイコ・サスペンス。主演は「ブロウ」「NARC ナーク」のレイ・リオッタと「シャドウ・オブ・ヴァンパイア」「スパイダーマン」のウィレム・デフォー。監督は「リバース・エッジ」のティム・ハンター。
 数々の凶悪犯罪を起こし、“怪物”と恐れられた男、リー・レイ。彼はついに死刑が決定し、致死注射によって処刑が執行される。数時間後、彼は死体保管庫で目を覚ます。彼の前に現われたコープランド博士は、リー・レイが被験者としてある実験に無期限で参加することを条件に、死刑を回避できると提案する。実験は、激しい気性を抑え、脳の性質を変える新薬“アナグレス”の効果を調べるもの。仕方なく条件を飲むリー・レイ。実験を始めて数日で、薬の効果か、彼に罪の意識や自責の念が芽生え始める。やがて実験結果を急ぐ博士は、第2段階として、彼を実社会で一般市民と同じように生活させることを決断するが…。





2004年製作とは思えない古臭い映像にチープな音楽。
ありきたりな気もしますが、シナリオはまあまあうまくまとまっていると思います。
ただ、素人でもこんな行動取るかという、おまぬけな登場人物たちの動きを見るとちょっと興醒めでした。
主人公の心境がどのように変わっていったのかの詳しい描写も欲しかったです。



内容★★★


拍手[0回]

2010/10/12 (Tue) 11:30

2002
監督:ミゲル・アルテタ
出演者:ジェニファー・アニストン、ジェイク・ギレンホール、ジョン・C・ライリー、ティム・ブレイク・ネルソン
原題:The Good Girl
上映時間:93分
製作国:アメリカ合衆国、ドイツ


ジャスティンはディスカウント・ショップに勤める30才の主婦。寂れた田舎町の売れない店。結婚7年目になる夫は、仕事もしないでマリファナに耽るばかり。どうにもならない現実をあきらめの境地で毎日やり過ごしていた。ある時、店のレジ係・ホールデンがサリンジャーを愛読していることを知り、興味を持つようになる。飲酒が原因で大学を退学になった彼だが、知的な雰囲気に心惹かれ、2人は禁じられた仲に。しかし、夫の親友に密会を目撃されてしまった。弱みにつけこんだ親友は、ジャスティンに肉体関係を迫る…。
日常に不満を抱えた普通の主婦が、年下の男性にファンタジーを求めた末、思いがけない不倫地獄に陥る、シニカルでエッジの効いた作品。ヒロインが最期に見せる女のしたたかさには、思わずうならされる。本作で初の汚れ役に挑んだジェニファー・アニストンは、「フレンズ」のイメージを一新。様々な主演女優賞にノミネートされた。





日常の鬱積した生活から抜け出したい30代の女性。
何もない田舎町、垢抜けないファッション、冴えない夫、子供さえできない生活…。
これでいいのか、とその毎日から抜け出したい気持ちがひしひしと伝わってくる映画でした。
ジェニファー・アニストンの表情もいいですね。
ただ、結末は…。
これでいいのでしょうか。納得いかないなぁ。
途中までよかっただけに、勿体無い感じです。
良心の呵責なしにずっと生活していけるのでしょうか。
そこらあたりをもう少し追求してほしかったです。





























内容★★★


拍手[0回]

2010/10/01 (Fri) 13:31

2000
監督・脚本:クリス・バーヴェル
出演:クリスチャン・スレイター、ボーシャ・デ・ロッシ、ティム・アレン、リチャード・ドレイファス
原題:Who is Cletis Tout?
上映時間:92分
製作国:アメリカ

 本作で脚本も手掛けているクリス・ヴァー・ヴェル監督の劇場デビュー作。サスペンスやロマンスの要素を織り交ぜつつ、セリフや映像として過去の名画の引用を随所にちりばめるなどファン心理をくすぐる遊び心満載の異色犯罪コメディ。出演は「トゥルー・ロマンス」のクリスチャン・スレイター、「ギャラクシー・クエスト」のティム・アレン、名優リチャード・ドレイファス、「アリーmyラブ」のポーシャ・デ・ロッシ。
 場末のホテルの一室、トレバー・フィンチは、彼を捕らえた殺し屋、毒舌ジムに自身の物語を話し始める。無類の映画フリーク毒舌ジムを前に窮地を脱する為にはそうするしかなかった……。フィンチは刑務所で知り合ったマイコーと脱獄し、過去にマイコーが盗んだ大量のダイヤの隠し場所に行こうと計画していた。フィンチはマフィアに既に殺されたクレティス・タウトという男になりすますが、実はまだタウトを狙っているマフィアの殺し屋がいた。マイコーは一人娘テスとの再会直後、マフィアに殺される。フィンチはなんとかテスからダイヤのありかを聞き出すのだったが……。





テンポがいいし、説明がいりそうなところもさらりと映像でフォローされていていい感じ。丁寧に作られている気がします。
だけど、どこかでみたことあるようなストーリー展開…。
すぐに結末がわかっちゃいました。
配役も悪くないだけに、シナリオが残念でなりません。

メディアも違うし、関係ないですが、「鳩とクラウジウスの原理」「野川」と、伝書鳩を扱ったお話に出会うのは、今年だけでこれをあわせて3作となりました。
共通点として、どれも私にはそんなに面白くなかったというのは、勿論偶然でしょう。













内容★★★


拍手[0回]

2010/04/05 (Mon) 11:44

2005
監督:ジム・シェリダン
出演者:カーティス・“50セント”・ジャクソン、テレンス・ハワード、ジョイ・ブライアント、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ビル・デューク
原題:Get Rich or Die Tryin'
上映時間:116分
製作国;アメリカ

人気ヒップホップ歌手50セントが自らの壮絶な半生をベースに映画初主演を果たした音楽ドラマ。一人の少年が過酷な生活の中でラップに自らの人生を託し、ヒップホップ界のヒーローへと登りつめていく姿を描く。監督は「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」の社会派ジム・シェリダン。ニューヨークのクィーンズ。愛する母親と2人で満ち足りた日々を送っていた少年マーカス。しかし、その母親が殺され、祖父母の家に引き取られたマーカスにはどん底の生活が待っていた。やがて逮捕投獄された彼は、そこで出会ったバマの助けを借り、ラップでの再起を目指すのだったが…。


「アメリカン・ギャングスター」と「ハッスル&フロー」を混ぜたような映画という感じでした。
ちょっとこの世界は見飽きた感があり、ちょっと食傷気味なのもあったのですが、とりたてて面白かった印象はありませんでした。
確かに、過酷な人生における経験から作られたラップというのはわかりました。
でも私には、例えば「Ray/レイ」みたいに、欠点も曝け出してくれたほうが、親近感も持てるしリアルに感じます。
50セントのファン向けな感じです。



























内容★★★




拍手[0回]

HOME   1  2  3  4  5  6 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]