忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/10/21 (Sat) 12:20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/24 (Wed) 14:50

Marvel Comics
May 2011

大名のいる江戸へと集まってくるWolverine, Hulk, Punisher, Psylocke。大名の命をとるのははたして誰なのか?





最後の男はDeadpoolでした。
しかもなんと、第1話から登場していたんですね。あの男とは…。
彼は記憶もないまま、ただ大名を殺さなければという思いだけで、それを成し遂げます。
というわけで無駄足となってしまったWolverineたち。
せっかくなので、彼らをもう少し絡ませたほうがよかったのではないかと思うのですが…。ちょっと残念。



内容★★★★
難易度★★


#01-05

拍手[1回]

PR
2011/08/24 (Wed) 13:42

Marvel Comics
May 2011

大名により一家は離散し、10歳で吉原に売られ、おいらんとなったPsylocke。彼女は女ならではの力で大名に復讐する日を待っていた…。





4人目は紅一点Psylocke。
Psylockeが人の心を読めるという噂を聞きつけ、彼女に近づくWolverine。
しかし彼女は協力を拒みます。
自分で手を下さないと気がすまないようです。



内容★★★★
難易度★★


#01-05

拍手[2回]

2011/08/23 (Tue) 14:41

Marvel Comics
May 201

戦争が終わり、妻と息子が待つ家路へと帰るPinisher。だがようやく辿り着いた故郷は一面の田となり、妻も息子も家さえもなくなっていた…。




3人目はPunisher。
妻子の復讐に燃える男に「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という台詞。
確かに、この人の雰囲気にあっているようです。
途中、復讐の弊害が出るあたりも描かれているのが心憎かったです。



内容★★★★
難易度★★


#01-05

拍手[1回]

2011/08/23 (Tue) 13:05

Marvel Comics
May 2011

戦いの世を嫌い、独り山に篭り生活している、元侍のHulk。下の村では盗賊たちが暴れ周り、困った村人たちがHulkに助けを求めてやってくるが…。




二人目はHulk。
ちょっと?とも思いましたが、なるほど、弁慶のイメージなのですね。
鬼神のように戦い村人たちを助けたHulkは、江戸で仏の道を目指す決心をします。



内容★★★
難易度★★★


#01-05

拍手[1回]

2011/08/22 (Mon) 19:16

Marvel Comics
May 2011

1600年日本。関ヶ原の戦いで主を失ったWolverineは、浪人となり復讐の旅へ。絵馬に書かれた暗号どおり仲間との待ち合わせ場所に向かうが、そこで謎の鎧武者の待ち伏せに遭い、首を刎ねられてしまうのだった…。





Marvelのキャラクターが浪人となり活躍するシリーズ・全5話。

一番手はWolverine。誰もが納得ではないでしょうか。一番らしいですよね。
ちゃんと鉤爪も装備しています。
ヒーリングファクターの代わりとしては、そっくりさんたち。というのはちょっと興醒めではありますが…。(影武者を意識したのかな?)
それでも、イラストの雰囲気や台詞がカッコよく、なかなかには楽しめると思います。
残りの4人の浪人の予測はつきますか?



内容★★★★
難易度★★


#01-05

拍手[1回]

HOME   1  2  3 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]