忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/06/30 (Fri) 00:46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/29 (Thu) 09:42

小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス
2010年3月

小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス
2010年7月

小学館 ゲッサン少年サンデーコミックス
2010年12月

①街を彷徨う、名もなき、若き殺し屋。孤独な彼の前に現れた「岩西」と名乗る男は、彼を「蝉」と呼んだ。
今、最も注目される小説家、伊坂幸太郎の原作「魔王」を大胆にコミカライズした前作「魔王 JUVENILE REMIX」からさかのぼること数年前。
あの人気キャラクター、蝉と岩西の出会いを描く、殺し屋たちの円舞曲!!
②若き殺し屋が「蝉」と呼ばれて挑む、初めての強敵「首折り男」。その「首折り男」に「間違われた男」、苺原。二人の若者が行き着いたその先にうごめく謎の武装集団、チクタク。それぞれの思惑が激突し、巻き起こる死闘。そして、物語の行く末に大きな影をさす「第三の男」の存在感。
③殺し屋として覚醒していく蝉。苺原の前に、ついに現れた「本物」。
そして「第三の男」ーーー帽子卿。殺し屋たちの三つどもえが再び夜を騒がせる!待ち受けるはーーー最大の衝撃。






岩西と蝉に再会できたのが、まず何より嬉しかったです。
二人の関係に、あの台詞、あの暴れっぷり。
最高です。
ストーリーもスピーディーでいい感じ。
首折り男も魅力的なのに…。







内容★★★★★


拍手[1回]

PR
2010/01/22 (Fri) 13:13

講談社コミックスB
2008年12月

講談社コミックスB
2009年4月

歩はリストカット癖のあった少女。愛海にイジメの標的にされるが、未来に勇気づけられ立ち向かってきた。学校で孤立した愛海は絶望して自殺しようとするが、歩によって救われる。愛海の父は学校に講義するが、病室で愛海の真の姿を目撃し、打ちのめされる。一方歩は未来が電話に出ないことに違和感を持ち、未来を訪ねる。自分が未来の支えになる―そう未来を励ます歩だったが、未来から別れを告げられて―。


いよいよ完結です。
意外にとんとん拍子で解決へ向かっていっている気がしないでもないですが、少女誌連載ということも踏まえると妥当な線かもしれませんね。
いじめた人たちや親や学校がこんなに簡単に理解してくれるのなら苦労はいらない、なんても思ったりもしますが、希望のある明るいエンディングは気分がいいものです。
一つの理想の形ということで。
言いたいことはたくさんあるような気もしますが、今はちゃんとした言葉になりそうにもないのでやめておきます。





内容★★★★



拍手[0回]

2009/04/07 (Tue) 02:37

ヤングガンガンコミックス
2005年6月

プレイヤーを自殺に追い込むネットワークゲーム「ディストピア」。その謎を追い一人の男が今、立ち上がる!WEBコミックが生んだ鬼才、筒井哲也の商業誌初連載作品。細密な画と大胆な発想で描かれる極限のサイバーホラー。


マトリックスのアイデアをより身近にした設定は素晴らしいと思います。
ただ、キャラ設定や話の展開はありきたりでパッとしない印象でした。
でも、画や見せ方はかなり上手いので、他の作品が楽しみでもあります。

この作者、ホームページ(studio221)でも作品を発表しているので、興味のある方は見てみてください。



内容★★★


拍手[0回]

2008/11/15 (Sat) 19:28

講談社
2007年9月

講談社
2008年2月

講談社
2008年6月

すえのぶけいこ・作

かなり久しぶりに読みます。
私にとっては、ホラーより怖いので、間が開いてもストーリーは覚えていました。
すべてが明るみに出て、もう終わるのかなと思っていたのですが、そうではなかったです。
歩、強いですね。というより強くなりましたね。
多分、この登場人物の中で一番な気がします。
怖いのですが、勇気もくれるコミックです。
ストーリーに負けず劣らず、イラストの迫力もすごいです。

19巻の発売は12月12日。
待ち遠しいですね。







内容★★★★★




拍手[0回]

カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]