忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/06/28 (Wed) 10:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/22 (Thu) 20:05

講談社 アフタヌーンKC
2010年3月

講談社 アフタヌーンKC
2011年9月

①突如現れた美少女ヒヨス。その正体は宇宙から来た奇妙な存在だった!不思議なお箸でリアカーから人間まで何でも一瞬で食いまくる。そして吐きまくる…!?ホームレス男や理系ヤンキー女、果てはヒヨスの仲間まで加わって、そこらじゅうでシュールにホンワカと荒唐無稽な大騒動!まったりオート系SF、いよいよ開幕です!
②イートとオートと愛のSFコメディ、作者さえも予定していなかった大ボリュームで大団円!元を息子が訪ねてきたことによって明かされる家族への愛。モトカレによって明かされたメタ子のダメ男への愛。とらわれトリアゾを助けた進次の男らしい愛。愛は愛を呼び、SF的な奇跡へ――。宇宙スケールのリバースをご覧あれ!





荒唐無稽で独特のユーモアのある世界観。
「無限の住人」の絵でこれだもの。このギャップが堪りません。
でも芯にはシリアスな部分もあったりして、このバランスが病みつきに。





内容★★★★



拍手[0回]

PR
2011/09/21 (Wed) 16:23

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2010年8月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2010年11月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2011年3月

⑧カズヤは人類の敵ノヴァと戦うためゼネティックスへと編入し、そこで今は亡き姉と似た少女サテライザーと出会う。幾多の闘いを越えて徐々に近づいていく二人。そんなある日、サテライザーは姉からの招待を受け、カズヤとともに南国のリゾートへと赴く。しかし、そこで二人を待ち受けていたものは、サテライザーの忌まわしい過去を知る弟ルイスであった。彼女はルイスの脅迫に屈し、かつて彼の”人形”であったころに戻ってしまう。果たしてカズヤはサテライザーを解放することができるのか!?
⑨激化をたどる戦いの中、人類は新たな選択を決断した。先天的資質に頼っていたパンドラの確保を人の手で行おうというのだ。エボリューション・パンドラプロジェクト――通称”Eパンドラ計画”が発動。それは、人類に未来をもたらす福音たりうるのか!?
⑩成果を焦るEパンドラ研究所は、安定剤という名目で促進剤「マークIV」を被験体に投与。しかし実験は失敗。投与されたEパンドラが暴走してしまうのであった…。





8巻で「サテライザーの過去編」は終わり、9巻から「Eパンドラ編」でまたもや緊張は高まります。
今回はほとんどエリザベスが主役といってもいいような内容。
敵そっちのけで、内部でも問題勃発。こういう展開、嫌いじゃないです。







内容★★★★


拍手[0回]

2011/09/20 (Tue) 09:32

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2009年7月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2009年11月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2010年3月

⑤カズヤは人類の敵「異次元体・ノヴァ」と戦うためゼネティックスへと編入し、そこで今は亡き姉と似た面影を持つ少女サテライザーと出会う。幾多の闘いを越えて徐々に近づいていく二人。3年生の謀略によって繰り広げられた激闘も、サテライザーの勝利によって幕を下ろそうとしていた。学園に訪れる一時の平和。しかしその静謐は新たなる敵の襲撃によって終わりを告げる。今まさに、少女たちの命を懸けた死闘が始まろうとしていた。白熱必至の学園SFアクション、新章突入!
⑥突如としてノヴァが出現。ゼネティックスの生徒たちは敵の身体に取り込まれ、異形と化して学園へと襲撃してきた。血で血を洗う激闘。倒れゆく仲間たち。果たして少女たちは人類の未来を守ることができるのか!?
⑦ある日、サテライザーの元に姉からのメールが届いた。バカンスをリゾートで一緒に楽しまないかという招待状。サテライザーは勇気を振り絞ってカズヤを誘い、天にも昇る心地で南国へと飛び立つ――そこに過酷極まる過去との対決が待ち受けているとも知らないまま…!





4巻から学園を挙げての闘いということで一気に白熱。
「エヴァ」+「クレイモア」+「舞Hime」?といった感じで盛り上りますが、7巻からのサテライザー兄弟編は、私的にはテンション下がり気味…。







内容★★★★


拍手[1回]

2011/09/16 (Fri) 16:55

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2007年11月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2008年5月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2008年11月

キルタイムコミュニケーション ヴァルキリーコミックス
2009年4月

①人類を襲う「異次元体」との戦いで姉を失った少年・カズヤは、異次元体対応作戦学校「ゼネティックス」へと編入する。そこは未知の敵との戦いに備え、少年少女たちがしのぎを削る学園だった!学園最強の女生徒、サテライザーに姉の面影を感じたカズヤは、彼女へと近づいていくが…。恋と闘争の学園SFアクション、ここに開幕!
②人類の敵「異次元体」との戦いで姉を失った少年・カズヤは異次元体対応作戦学校「ゼネティックス」へと編入する。そこで亡き姉と似た面影を持つ「接触禁止の女王」サテライザーと出会う。徐々に近づいていくカズヤとサテライザー。だがそんな二人の前に、上級生・イングリッドが現れ、新たな戦いが幕を開けるのだった。
③幾多の闘いを越えて徐々に近づいていくお互いの心。だがそんな二人の前にチベットよりの編入生ラナが現れ、カズヤを「運命の殿方」と見定めてパートナーになろうとするのだった。
④ラナは3年生アティアの謀略によってサテライザーと激闘を繰り広げるが、カズヤの説得によって二人は互いに矛を収める。しかし、そんな彼女たちの前に、新たな刺客・3年生のアーネットとクレオが現れ、戦いを挑んできたのだった。





熱血格闘モノの王道といった感じで、結構燃えます。
バトルシーンもカッコイイ。
今のところ、学園内での内部抗争編といった感じです。
キャラも揃ってきたので、さらに楽しめそうです。
ただ、カズヤの役立たずさにフラストレーション。

内容★★★★


拍手[0回]

2011/09/15 (Thu) 10:40

新潮社 BUNCH COMICS
2010年10月

新潮社 BUNCH COMICS
2011年6月

新潮社 BUNCH COMICS
2011年9月

④絶海の孤島にて行われる爆殺ゲーム 『BTOOOM!』を強いられた坂本竜太は、襲いかかるプレイヤーを倒しつつ、共闘する平清と途中で合流した謎の女子高生との3人で、島からの脱出方法を探りつつ彷徨する。そんな中、巨大なトカゲの群れに襲われる坂本たちの前に、BIMを使わずナイフ一本で敵プレイヤーに襲いかかる謎の男が現れた。元レンジャーと称する男は果たして坂本たちの味方となるか!?リアルボンバーマンは更に制御不能に!!
⑤謎の孤島でBIMと呼ばれる小型爆弾を駆使してのデスゲーム「BTOOOM!」を強要された主人公の坂本竜太。脱出に必要な8つのチップを集めるために他のプレイヤーたちが殺し合い、奪い合いを激化させる中、坂本は共に行動するヒミコや平清と不殺を誓い脱出の機会を窺う。しかし島を徘徊する巨大肉食トカゲや元軍人のナイフ使いに追い詰められながら、仕方なしにその手を血で汚してゆく。そして島にある廃墟の中でしばしの休息をとる坂本たちの背後に白装束の亡霊が…!?
⑥世界ランカーの坂本を凌ぐBTOOOM!プレイヤー達が続々登場!!爆弾サバイバルはますます激化しチームバトル勃発!!もはや独りでは、この島で生き残るのは不可能!! 爆弾サバイバル「BTOOOM!」に辛くも生き残ってきた坂本とヒミコの前に、最強のプレイヤーが現れる。大胆不敵ながらも緻密に計算された動きと、人並みはずれた運動能力で坂本に幾重もの罠を仕掛け追いつめる最強プレイヤー。さらに激化するゲームはもはや独りで生き残ることは不可能!!それぞれのプレイヤー達が生き残りを賭けてチームを形成しての連携バトルを繰り広げる、激アツの最新6巻刊行!!






キャラも増え、ヒミコの過去も明かされ、充実してきた感じ。
まだ全体像は明かされていないので、ますます面白くなっていきそうな予感。







内容★★★★


拍手[0回]

HOME   1  2  3  4  5  6 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]