忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/12/13 (Wed) 20:16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/04/13 (Wed) 10:31

文芸春秋
2011年3月

こっここと渦原琴子は、口が悪く、偏屈で硬派の「孤独になりたい」小学3年生。三つ子の姉をはじめ、両親祖父母の7人に愛されて暮らす公団住宅は、孤独とはまるで無縁なのだ。同級生の貧乏も金持ちも難民も在日も体の病気も心の病も、子供の世界の問題はより直接的でより繊細なもの。新たな命や夏休みのある出来事を経て、悩み考え成長する姿をユーモラスに温かく描いた感動傑作。






面白過ぎ。
小学生らしい真っ直ぐさ、純粋さも勿論よかったけれど、強烈な関西弁とツッコミ、リズムが読んでいてとても気持ちよかったです。
「うるさいぼけ」「なにがおもろいねん」
もう、癖になりそうです。
もっと読んでいたかった。
今思えば、昔私も変なことにあこがれてたなぁ。うんうん。

内容★★★★★


拍手[0回]

PR
2011/03/10 (Thu) 09:47

新潮社
2010年12月

失恋ばかりの、私の体。ああ、でも、私は彼のことが、本当に、好きだった。

32歳。次は、凪の海みたいな恋愛をしたかった。なのに、彼と関係を結んでから、私は笑えなくなった。好きになるほど、苦しくなるのだ。すべての恋愛は狂気である、という。けれど本当にこの狂気を乗り越え、次の海へと漕ぎ出していけるのか――。行き場のない黒い感情と、その先に見えるほんの少しの希望を鮮烈に描いた会心作。






前半は爽やかな感じでしたが、踏み込むにしたがってドロドロに。
人間、うわべだけ、浅い付き合いではわからないことだらけですよね。
毎日笑顔でいる人だって、心にはきっと何かを抱えている…。

感情の表現がうまく、その情熱は体感してるかのようでした。

しかし、西さんの書く関西弁はなんかかわいく感じます。

内容★★★★


拍手[0回]

2010/07/03 (Sat) 14:44

角川書店
2010年4月

恋に戦う君を、誰が笑うことができようか?何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化、奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語たち。

私たちは足が炎上している男の噂話ばかりしていた。ある日、銭湯にその男が現れて…。何かにとらわれ動けなくなってしまった私たちに訪れる、小さいけれど大きな変化。奔放な想像力がつむぎだす不穏で愛らしい物語。






現代社会で傷ついた人々の、なんとも不思議な体験を描いた短編集・全8話。
装画も西加奈子さ本人が担当しています。
正直、抽象過ぎて、私にはよく理解できない部分もありましたが、ふわふわした摩訶不思議な世界の体験を味わうのは悪くないです。
文章に独特のリズムがありますね。

内容★★★


拍手[0回]

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]