忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/07/28 (Fri) 16:01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/04/26 (Sat) 19:48

ComicsOne
2000

伊藤潤二さんの作品の英訳版。
映画にもなっていますが、残念ながら私は一作も見ていません。
富江という「女性」の概念の具現化といった感じのキャラクターを中心に連作といった形を取っています。
時にはまったくの続きであったり、時にはまったく違う話だったり・・・。
怖さはあまり感じませんでしたが、毎回趣向が異なっているところと、富江の特徴が読むにつれ徐々にわかってくるところが、この作品の魅力ではないでしょうか。

短編として6作収録されていますが(約250ページ)、期間をかなりかけているのかはじめと終りではかなり絵のうまさが開きがあります。
第1話の始まり方もかなり衝撃的で、なかなか好印象の作品でした。

英語的には、表現や言い回しも素直で初心者にもおススメな感じです。

そうそう、アメコミと日本の漫画はページも逆から始まりますが、コマ割りも逆から読まなければなりません。
"Gyo"は日本の漫画そのままで、右からですが、この"Tomie"はアメコミ風に左からに直してあります。

blow off 避ける、無視する
love tiff 痴話げんか
colon 大腸
portfolio 今までに製作した芸術作品(株では「有価証券」の意味で使われていますね)
flagrant 極悪な
compulsive liar 虚言癖のある人
membrane 細胞膜
thru = through
ulterior 隠された目的の
dress 傷口を手当する



内容★★★★
難易度




拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89 
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]