忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/06/27 (Tue) 12:25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/04/01 (Thu) 21:07

Marvel Comics
February 2006

Marvel Comics
March 2006

Marvel Comics
April 2006

息子Cristuの居場所を突き止めたFrankだったが、彼を待ち受けてか、その家は10人ほどのギャングで武装されていた。Frankは日が暮れるまで待ち、キッチンに忍び込み、食事に大量の睡眠薬を混ぜるのだった…。


"The Slavers"後半。

流れ的には、息子→その妻→本命という、至ってストレートに進んでゆきます。
ただFrankには、殺しの美学とかそんなものは持ち合わせておらず、睡眠薬で眠らせたまま撃ち殺すし、女性でも悪い奴には容赦しないし、情報を得るためには内臓を引っ張り出し木にぶら下げるし、生きたままイスに縛りつけ火を点けます。
多分彼にとっては、殺しは裁きであって、そのためには手段は選ばないし、正々堂々なんてものもないのだと思います。
目的優先というところが、彼の美学かもしれませんね。

助けた売春婦たちは、まともに生活を送れる人もいれば、そうでない人も…。
苦い終わり方だけど、そこがリアルでいい感じです。







内容★★★★★
難易度★★★


#25-30

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   2239  2238  2237  2236  2235  2234  2233  2232  2231  2230  2229 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]