忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/12/16 (Sat) 08:40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/03/30 (Tue) 22:46

Marvel Comics
November 2005

Marvel Comics
December 2005

Marvel Comics
January 2006

Frankは同じ標的を狙う女性に出くわした。彼女は素人で、結果的にFrankが助ける形になった。いつもならそれまでの話だが、彼女の「赤ちゃんが殺された」という言葉が気になり、彼女を放っておくことが出来ないFrankだった…。


"The Slavers"編全6話・前半。
今回は比較的わかり易いお話です。

行く当てのない彼女・Vioricaを保護したFrankは、彼女の身の上話を聞くことになります。
彼女は誘拐され、レイプされ、売春をやらされ、クスリも射たれ、その間に出来てしまった赤ちゃんも、逃亡したときに殺されてしまったそうです。(実際はもうちょっと込入っています。)
その話を聞き、"I knew a lot of men would have to die."と思うFrankでした。
Vioricaの逃亡には、ソーシャルワーカーの女性も一枚噛んでいたのですが、彼女の話によると、貧しい国から女性をさらい売春婦にするという行為はなくなりそうもないようです。それは、"Set up as whores for American and British soldiers."ということも絡んでいるようです。これはこのコミックだけの話で、現実ではないと思いたいですが、どうでしょう?

一方、Vioricaを保護するとき、接触した警官たちに、勿論Frankは危害を加えていないのですが、上司の命令によりその警官たちは、大怪我を負わされたとマスコミに発表することに。
世論を味方につけての、警察によるFrankの追い込みが始まります。
ただ、嘘をつかされた警官たちは、どうやらそのままではいられないようで、今後なんらかのアクションを起こしそうです。







内容★★★★★
難易度★★


#25-30

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   2233  2232  2231  2230  2229  2228  2227  2226  2225  2224  2223 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]