忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/11/19 (Sun) 17:42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/11/12 (Wed) 11:38

Marvel Comics
January 2006

Marvel Comics
January 2006

Marvel Comics
February 2006

House of Xavier の中で、何かおかしい!奇襲攻撃が X-Men に、誰が仲間で、誰が敵に与するのか、再考を強いる。Xavier Institute はもう以前と同じではいられない。

DECEMATION シリーズ。

"Uncanny X-Men" を読み始めたのをきっかけに、平行して "X-Men" と "New X-Men" も読んでいこうと決めました。
この "X-Men" は "Uncanny X-Men" から枝分かれして始まったのですが、タイトルが "X-Men"→"New X-Men"→"X-Men"→"X-Men Legacy"(現在)と何度もタイトルが変わるというややこしい経歴を持っています。

M-Day の後の、 SENTINEL を Xavier Institute に常時配備の執行というところから物語は始まります。(Uncanny ではもう配備されていました)
M-Day により能力をなくしたのは、Iceman と Polaris でしたが、Iceman は失くした訳ではなく精神的なものと判明。
一方、Polaris はX-Men を去る決心をしますが、Havoc も X-Men を脱退し付き添うことに。

一応 "Uncanny" の方とはメインキャラが違うみたいで、こちらは、
Emma, Cyclops, Rogue, Wolverine, Gambit, Iceman, Polaris, Havok といったところ。
Colossus, Beast などどちらにも顔を出すメンバーもいるのですが、Marvel Girl, Psylocke,Bishop などはまったく登場しません。

エジプトや宇宙でも何かが起こっているようだし、Mystique も何かを企んでいるようだし…。
把握するのに少し時間がかかりそうです。







内容★★★★
難易度★★★


#177–181 + House of M: Decimation—The Day After

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   471  470  469  468  467  466  465  464  463  462  461 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]