忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/12/16 (Sat) 12:22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/02/19 (Fri) 17:54

Marvel Comics
January 2010

Marvel Comics
February 2010

Marvel Comics
March 2010

Marvel Comics
April 2010

以前の身体を埋葬するため、日本にやってきたBetsy Braddock(Psylocke)。だが突然襲い掛かってきた忍者の集団により、その身体を燃やされてしまうのだった。それを命じたMatsu'oに復讐を誓うPsylockeだが、その行く手にはなぜかYukioやWolverineが立ちはだかるのだった…。


結構複雑な人生を歩んでいるX-MenのPsylockeのエピソード・全4話。
サブタイトルは、"KILL MATSU'O"。

これを読めば、Psylockeの過去の概要がわかるようになっています。
現在の彼女の身体は、Kwannon(Revanche)というThe Handの忍者で、Matsu'o Tsurayabaの恋人のものだったもの。Matus'oの企みにより、二人の精神と身体は入れ替えられたようです。
恋人としての思念の残滓があるのか、二人は不可侵条約のような感じで、お互い長い間干渉してなかったのですが、今回Matsu'oは動きます。
なぜ直接Psylockeを狙わず、挑発的な行動をとったかというと、Matsu'oは自分を殺して欲しかったからです。
それには、Wolverineが深く関わっているのですが、ここでは伏せておきます。
ヒントは、Wolverineの最愛の人Mariko Yashidaを殺したのがMatsu'oだということ。
本当の意味での復讐をしているWolverineと、殺し=慈悲ともいえる選択を主張するPsylocke。
意外に奥が深く複雑なエピソードでした。
そして過去の清算をしたPsylockeの新たな人生はここから始まります。
これだからX-Menシリーズはやめられないですね。









内容★★★★
難易度★★


拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   2059  2058  2057  2056  2055  2054  2053  2052  2051  2050  2049 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]