忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/06/30 (Fri) 00:58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/09/29 (Thu) 15:51

白泉社 JETS COMICS
2009年9月

白泉社 JETS COMICS
2010年2月

白泉社 JETS COMICS
2010年7月

①生きる義務を放棄し、自殺を繰り返す”常習指定者”たちが送られる島――通称”自殺島”。主人公・セイは自殺未遂の末、病院のベッドからこの島へと送り込まれた。そこに待っていたのは、セイと同じ”未遂者”たちだった。「死ねなければ、生きるしかない」。いま、彼らの極限サバイバルが始まる!
②セイが手にしたもの、それは一張の”弓”だった。「なぜ生きるのか」――その答えを求めて、彼はひとり山へと向かう。明かされるセイの過去…仲間との別れ…孤独との戦いを経て、セイは一体何を得るのか?「生きるために、殺す」。
③”無法島”と呼ばれるこの島で、過去に一体何があったのか――?主人公・セイが一匹の相棒と共に本格的な狩猟を行う一方、ついに島からの脱出を試みる仲間が!?「この島で、何かがわかりかけているんだ」。





絵はあまり好きではないけれど、設定とストーリーは素晴らしいと思います。
リアルだし、細かい解説も〇。
こういう状況って、ある意味リハビリ効果もあるのかもなんてちょっと思ったりして。生きていることが当たり前と思ってしまっていると、心が病むのかな。
「生きる」ということについて、セイと一緒に考えていきたいと思います。







内容★★★★


拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   3543  3542  3541  3540  3539  3538  3537  3536  3535  3534 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]