忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/10/17 (Tue) 16:53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/02/27 (Sat) 13:24

Marvel Comics
December 2009

甦らせたミュータントたちをUtopiaに送り込むSelene(Black Queen)。彼女の目的は、裏切り者のHellfire Clubのメンバー(Sebastian Shaw, Donald Pierce, Emma Frost)とMagmaに復讐することだった。そして彼女は、Genoshaの跡地にNecroshaを打ち立てる計画も立てていた…。


3部構成に分かれていて、
1: NECROSHA: CHAPTER ONE (X-FORCE)
2: BINARY (NEW MUTANTS)
3: THE FORETELLING (X-MEN: LEGACY)
という構成。

メインはどうやらX-FORCE編らしく、ページ数も一番多いです。
Sereneの生い立ちと目的が描かれています。
Genoshaの廃墟に向かうのは、Serene, Wither, Blink, Senyaka, Mortis, Eli Bard, Thunderbird, Caliban。
Utopiaに潜入し、Emmaと遭遇するのがHellions。Hellionsって死んでないでしょ、って思っていたら、HellionとかMercuryのいたHellionsはどうやら4代目らしく、今回登場したのは初代っぽいです。
Wolfsbaneを救出し帰還途中のArcangelとWarpathを襲うのは、PyroとBerserker。
といった感じです。そして"X-Force #21"へ。

"NEW MUTANTS"編は、Cypherの蘇りと、Utopia潜入が描かれています。
Emmaと対決するHellionsと一緒に海中からUtopiaへ潜入するCypher。潜入してからは単独行動で、Magmaの殺害を命じられています。
そして"New Mutants #6"へ。

"X-MEN: LEGACY"編はDestinyのエピソード。
自分の未来を聞きだすためDestinyを甦らせたSereneですが、Destinyは言おうとはしません。監禁されたDestinyは、娘のBlindfoldにテレパシーで何かを伝えますが、その後Destinyは、"No. Wait. What have I done?"と言っています。
謎だらけの展開で"X-Men: Legacy #231"に続きます。

敵は一度死んでいる者が多く、古い時代の見知らぬキャラを結構見かけますが、それでも楽しめます。まあ、この機に過去の勉強も少しできるかな、なんて思って読んでいます。







内容★★★★
難易度★★


X-Force #21-25 + New Mutants #06-08, X-Men: Legacy #231-233 + Necrosha

New Mutants #06-11 + Necrosha(New Mutants Part)

X-Force #21-25 + Necrosha(X-Force Part)

拍手[1回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   2089  2088  2087  2086  2085  2084  2083  2082  2081  2080  2079 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]