忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/08/19 (Sat) 08:53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/04/23 (Wed) 10:56

VIT LLC
2003

日本で出版された 伊藤潤二「ギョ」の英訳版第1巻です。
この作者は、映画にもなった「富江」でも有名ですね。(私は見ていませんが)
この作者の本を読んだのは初めてですが、楳図かずおさんの香りが漂っていて、日本のホラーの正統派の血を受け継いでいるように感じました。
正直、とても恐かったです。
発想もすごいけれど、演出も恐すぎです。
エンターテイメント性からいうと、やはり日本の漫画の方がレベルが高い気がします。
アメコミのホラー物を語れるほど読んだわけではないので、早計な判断はなんなのですが、アメコミは残酷描写に頼っていて、うまく読者の恐怖感をあおることができていないように感じました。
もともと「ジョーズ」とかで、海は恐いイメージを持っているのですが、これを読んでますます恐くなってしまいました。

会話も話の流れもかなりわかりやすく、難しい単語はほぼないので、初心者にもおススメですね。

throw a fit カッとなる(怒る)
disinfectant 殺菌剤
Loch Ness Monster ネッシー、ネス湖の怪獣
have the nerve to ずうずうしくも~する
orifice 口や耳などの開口部
articulation 関節



内容★★★★
難易度




拍手[1回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]