忍者ブログ
アメコミで英語、と映画と小説と漫画など
読んだアメコミ、映画、漫画、小説などの記録。 画像をクリックすると、若干大きいサイズで見られます。 ★★★★★……震えます。生きてて良かったと思います。 ★★★★……唸ります。気分が高揚します。 ★★★……うんうん。読んで損はないかと。 ★★……時間を損したかなと悲しくなるかも。 ★……怒りがこみ上げてくるかも?
Admin / Write
2017/09/19 (Tue) 22:18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/13 (Wed) 19:37

AIT/PLANET LAR
March 2005

John Doughは現実には生きていない。彼は取るに足りない人間だ。彼はただ、他人の生活の背景にすぎない。彼はただの…補充要員だ。
Johnは埃だらけの街でギリギリの生活を送っている。警察で、容疑者の列に並ぶバイトをしたり、献血をしたりして生活を送っている。ある日、Debra Cross…黒い眼をした売春婦で、悲しい身の上話…が彼の生活に介入してきた。


モノクロに赤が効果的に使われている作品。"Sin City"と似た感じ。
johnという男の生活が描かれていますが、彼のしている仕事、警察署で目撃者が、容疑者が5人くらいずらっと並んでいるところから犯人を指摘するという、よくドラマに出てくるシーンの、犯人でない人として参加するという…考えてみるとこんな仕事もありかと。
思いつきもしなかったので、単純に感心しました。
まあそれはさておき、ある日Debraという女性と出会い、犯人に仕立て上げられてしまうというストーリーなのですが、会話とか間合いとか、かなり絶妙で自然体で、いつの間にか世界に入ってしまってました。
ラストもパンチが効いていて、なかなかの秀作だと思います。



内容★★★★
難易度★★


拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   900  899  898  897  896  895  894  893  892  891  890 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ blogram投票ボタン ↑ランキングに参加していますので、いずれかクリックしていただけると励みになります。 しかっちさんの読書メーター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
しかっち
性別:
非公開
バーコード
カウンター
最新コメント
忍者ブログ [PR]